【城西大学】駅伝メンバーと注目選手

この記事は約6分で読めます。

箱根駅伝

【城西大学】駅伝メンバーと注目選手をご紹介します。

 

箱根駅伝2021順位予想

 

 

 

「城西大学」主な戦績

  • 2004年:箱根駅伝初出場
  • 2017年(第93回大会を除く)2年ぶり16回目の出場
  • 過去最高順位:6位

 

 

城西大学:注目選手

大学の3人(内、ルーキー1人)の注目選手です。

 

菊地駿弥選手(4年)城西大学:注目選手

今大会では各校のエースが集う“花の2区”を希望しています(2区で決定)。

10000mとハーフマラソンで城西大学記録を保持しています。

城西大学の精神的・走力の要の選手です。

10月の箱根駅伝予選会で日本人トップを狙っていましたが、順天堂大ルーキーの三浦龍司選手ら遅れること4秒差の日本人4位でした。

11月1日の全日本大学駅伝では、昨年走って12位と悔しい思いをした2区にリベンジし、区間2位。驚異の17人抜きをした皇學館大の川瀬翔矢(4年、近大高八王子ロングディスタンス(2020年11月21日)では、実業団選手や海外勢の選手の中で、日本人1位の28分08秒25と、まだまだ底を見せていません。

 

砂岡拓磨選手(3年)城西大学:注目選手

モットーは「絶対1位!!」

区間新記録を狙う。菊池主将の右腕的存在です。お互い刺激し合いながら、3年生ながら、チームのエース格の存在に急成長しています。

11月23日(関東学連記録会)には、10000mで28分24秒48をマークし好調ぶりをアピールしています。

 

 

 

山本唯翔選手(1年 開志国際高校)城西大学:ルーキー注目選手

先輩たちが怪我で一線から外れる中、キャプテンの菊地選手に「成長の勢いが凄まじい!」と評されるほどの成長力を見せている。

出身が新潟県ということで、「粘り」のある走りを見せそうです。

1位 山本 唯翔(3)15:04 開志国際高校

 

2021箱根駅伝エントリーメンバー【城西大学】

氏 名 自己最高(PB) 今年度最高(SB) 箱 根
タイム 年月日 タイム 年月日 順位
菊地 駿弥 4 28.08.25 2020.11.21 28.08.25 2020.11.21 2
砂岡 拓磨 3 28.24.48 2020.11.23 28.24.48 2020.11.23 1
菅原 伊織 4 28.31.46 2019.12.21 31.00.91 2020.07.24 補欠
梶川 由稀 4 29.15.22 2019.11.30 29.58.72 2020.09.21 補欠
宮下 璃久 3 29.18.46 2020.11.23 29.18.46 2020.11.23 補欠
雲井 崚太 4 29.24.91 2019.11.30 29.32.45 2020.11.04 補欠
貴田 勇斗 4 29.34.53 2019.11.30 29.53.08 2020.11.21 補欠
藤井 正人 2 29.36.87 2019.04.28 29.41.87 2020.11.23 7
山中 秀真 1 29.37.07 2020.11.04 29.37.07 2020.11.04 9
野村 颯斗 1 29.39.37 2020.09.21 29.39.37 2020.09.21 6
山本 唯翔 1 29.42.85 2020.09.21 29.42.85 2020.09.21 5
熊谷  奨 2 29.46.20 2019.12.22 29.50.91 2020.11.04 4
新井 颯人 1 29.49.19 2020.11.21 29.49.19 2020.11.21 補欠
小島  拓 2 29.51.75 2020.11.21 29.51.75 2020.11.21 8
山本  樹 1 29.54.16 2020.09.21 29.54.16 2020.09.21 10
堀越 大地 1 29.54.70 2020.09.21 29.54.70 2020.09.21 3

 

「城西大学」箱根駅伝での強さの秘密【まとめ】

チームスローガンは「一人の力をみんなの力に」

1年生が7人エントリーされているフレッシュなチームです。

10月17日の箱根駅伝予選会では3位に入り、2年ぶりの箱根駅伝の切符を手にしました。

  • ハーフマラソン1時間1分台:2名
  • ハーフマラソン1時間2分台:2名
  • ハーフマラソン1時間3分台:6名

飛び抜けた選手もいませんが、穴もない感じですので、3分台の選手6人の走り次第で上位争いもありえます。

 

 

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました