速報!第104回日本陸上競技選手権長距離|注目は田中希実・新谷仁美!

この記事は約4分で読めます。

第104回日本陸上競技選手権長距離が2020年12月4日に大阪・ヤンマースタジアム長居

で行われました。

今大会では、特に

オリンピックの内定がかかっていた「女子の5000m、10000m」

が注目されていました。ワタシもクイーンズ駅伝から各選手に注目していました!

ちなみに、オリンピック内定条件は女子5000mは、優勝+参加標準記録突破(15:10.00)になっていました(田中希実選手と廣中璃梨佳選手は優勝が条件でした)。

女子10000mは、新谷仁美選手が優勝で即内定でした。

引用:東京2020オリンピック競技大会参加標準記録参照

INTERNATIONAL ASSOCIATION OF ATHLETICS FEDERATIONS Athletics

ワタシの注目選手は先日のクイーンズ駅伝から出場の選手が注目されていた他に、

5000mに出場した田中希実選手の走りに注目していました。

その他の競技は以下になります。

女子3000mSC

男子3000mSC

男子5000m

女子5000m

女子10000m

男子10000m

男子10000m

速報!第104回日本陸上競技選手権長距離 注目選手

田中希実選手:女子3000mオリンピック内定!!

田中希実は陸上のホープ|かわいいハーフ顔で低身長の経歴は?
今回の田中希実選手は2020年に世界を相手に大ブレイクしそうな女子陸上中距離ランナーです。田中希実選手最近では、1500m、3000mと立て続けに日本新規陸樹立したり、奇想天外な走りで、観客をざわつかせています。田中希実選手でも2020(2021年に延期)オリンピック参加標準記録突破者として、まさに女子陸上中距離会の第一人者に踊りだしてきました。走りを見るだけでも、「楽しい」と思える久しぶりの選手です。田中希実選手は陸上のホープのハーフ顔で低身長の経歴などを掘り下げていきます。

1.田中希実、直線に入りラストスパート

田中希実

2.廣中璃梨佳を引き離す

田中希実

3.田中希実GOAL 五輪内定!!

 

廣中璃梨佳選手:惜しくも2位

廣中璃梨佳選手ハーフ説?出身と両親の国籍を調べてみました
女子陸上の中距離が今熱いです!! 今回は、その群雄割拠の女子中距離界の中でも急上昇中で、 ・クイーンズ駅伝で日本...

鍋島莉奈選手:

鍋島莉奈選手の笑顔がかわいい!でも腹筋女子バキバキのインスタ画像!
鍋島莉奈選手ですが、笑顔が印象的でとてもかわいいと話題になっています。2020年11月22日のクイーンズ駅伝、2020年12月4日の第104回日本陸上競技選手権10000mに出場予定と、来年のオリンピックに向けて上昇気流に乗っている勢いのある選手です。今回は、そんな話題で注目の「笑顔がかわいいと話題の鍋島莉奈選手について」書いていきたいと思います。

新谷仁美選手

速報!第104回日本陸上競技選手権長距離 リザルト

競技名 ラウンド 日本記録 世界記録 1着 タイム
女子3000mSC 決 勝 石澤 ゆかり 9分48.76
男子3000mSC 決 勝 山口 浩勢 8分24.19
女子5000m 決 勝 14分53秒22 14分06秒62 田中 希実 15分05.65 五輪内定
男子5000m 決 勝 13分08秒40 12分35秒36 坂東 悠汰 13分18.49 今シーズン国内トップ
女子10000m 決 勝 30分48秒89 29分17秒45 新谷 仁美 30分20.44 日本新記録・五輪内定
男子10000m 決 勝 27分29秒69 26分11秒00 相澤晃 27分18.75 日本新記録・五輪内定

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました