上原一真wiki風プロフィール!上原浩治の息子の魔球と髪型がすでに大リーガー級?

この記事は約11分で読めます。

「”日本人”メジャーリーガー」

とわざわざ「”日本人”」と、付けない時代が来るのかも知れません!

そんな予感をさせてくれる選手とその父が、

選手「上原一馬」 その父親「上原浩治」

です。

 

  • 上原一真の魔球と髪型はすでに大リーガー級!
  • 上原浩治の息子上原一真とは?wiki風プロフィール
  • 上原一真の現在と将来性は?友達も凄い!

「上原一真・上原浩治」を注目したいのが、上原一真が投げる球はもちろんですが”言動と考え方”です。

上原浩治自体が「日本の野球文化・教え方に疑問」をもってプレイしていましたので、どんな選手なのか調べてみて色々うなずくことが出来ました!

最後まで楽しんでお読みくださいませm(_ _)m

スポンサーリンク

上原一真の魔球と髪型はすでに大リーガー級!

上原浩治が所属したボストン・レッドソックス(2013 – 2016所属)で「上原一真と上原浩治」は現在も紹介されています。

 

そこで上原一真はこう言っています・・・

「いつか戻ってきてその瞬間(上原浩治の体験したワールドシリーズ優勝)を追体験できたらいいのに、いつの日か”レッドソックス”に行けるように努力します!」

と力強いメッセージとともにレッドソックスに紹介されています。

正直、これだけでも日本のプロ野球球団では考えられないやり取りを上原一真はレッドソックスという超一流球団とやっているのです!

 

髪型も「ダルビッシュ有のようだ!」とアメリカのメジャーリーグファン・日本のファンに言われています。

 

上原一真と似ている「ダルビッシュ有」の髪型↓

上原一真とダルビッシュ有が似ているのは「髪型」だけではなく「野球に対する考え方」もダルビッシュ有や父親・アメリカの野球文化に影響を受けています。

日本のように「小さくまとまる選手養成所」を作り出すのではなく、あくまでも「ベースボールを楽しむ」ということが原点にあります。

そして、上原一真の画像・・この”ふてぶてしい表情”は、ダルビッシュ有を彷彿とさせる表情ですよね!

ちなみに、この髪型で日本で学生野球をやって許させれるところはまだ少ないですよね!

未だに、指導能力のない”糞”指導者に限って「根性論」「監督絶対主義」が、少年野球・・・下手したら社会人野球にもはびこっていますから(苦笑)

慶応高校のように、普通のサラリーマンのような髪型ならまだ強豪校としてありますが「上原一真のような長髪」は、強豪校では無いのではないでしょうか?

 

慶応高校野球部の髪型↓

正直、まだ「遠慮している感」がある髪型ですよね(笑)

日本は野球だけでなく未だに「軍隊教育・上官の命令は絶対主義」がはびこっています。

最近になって少しづつ良くなってはいますが、もし「上原一真の髪型」で甲子園に行く高校が出たら、必ず話題になるはずです(どんなふうに報じられるのか楽しみですが・・・)!

 

そして、そのような選手が出てきたら野球自体が断然!面白くなるはずです!

そうはいっても、読売巨人軍だけはそうならずに「真摯たれ!」を貫いて差別化を図ってほしいのですが・・・

 

そんな、上原一真ですが「高校生」の話題を持ち出していますが、まだ日本で言うところの中学生なのです!

スポンサーリンク

上原浩治の息子上原一真とは?wiki風プロフィール

上原一真ですが、上原浩治がキャスターをしていた関係でちょくちょくテレビにも紹介されています。

上原一真の言動は、日本のこの年代にない積極性や自信、そして、自分の発言によって自分を奮い立たせる言葉の力を知っているかのような発言をしています。

少し前なら「ビックマウス」と叩かれたかも知れませんが・・・

 

上原一真の発言↓

当面の目標は・・・「メジャーまで昇格すること。それに加えて(父:上原浩治よりも)良い選手になること。「コウジ(父の名前)の息子」ではなく「kazu」として人々の記憶に残りたい!

と発言はしていますが、父上原浩治には「野球をナメるなよ」と事あるごとに釘を差されています。

つまり「言いたいことだけ言わせるのではなく、やることをきっちりやってから、言いたいことを言う」野球以外の教育も上原浩治はきちんとされています。更に続きます・・・

メジャーリーガーを目指すなら、

「学校行ったからって友達と遊んでる場合じゃないよ。」

と上原浩治さんは父として上原一真にメッセージを送りました。

 

上原一真は生粋のアメリカ育ちですので・・

  • 英語が得意。
  • 日本語は理解しているが読み書きは出来ません

 

上原浩治が2013年にMLBで日本人初のリーグチャンピオンシップおよびワールドシリーズ胴上げ投手となったときに上原一真もインタビューを受けました。

レッドソックスがワールドシリーズを制した2013年には、当時7歳だった上原一真も父とともにヒーローインタビューを受け、英語で質問に答えたことが話題になりました。

 

上原一真の英語力について全米で驚きの反応が有りました↓

  • インタビュアー:「お父さんは吐きそうだったと言ってるけど?」
  • 一真:「知らないよ」
  • インタビュアー:「お父さんが投げているときはどうだった?」
  • 一真くん:「興奮した!」

 

通訳なしで英語による受け答えをしたこの様子が球場中の喝采を浴び、全米でも放送され、レッドソックスファンだけでなく全米の野球ファンの心を鷲掴みしました。

 

そんな上原一真ですがこんな選手です↓
  • 名前:上原一真(うえはらかずま)
  • 愛称:カズ
  • 生年月日:2006年3月20日
  • 年齢:15歳
  • 学校:IMGアカデミー

上原一真は「IMGアカデミー」というところに進学しています。

 

IMGアカデミーとは?・・・

  • これまでに50人以上のメジャーリーガーを排出した名門校。
  • 文武両道で「野球だけやっていればいい」ということではなく一定の成績を残さないと練習できません!
  • テニスでも有名な学校(IMGアカデミーの出身者には『錦織圭』『マリア・シャラポワ』などのビッグネームが名を連ねます)。

栄養学やトレーニングメニューやビジネスを学べば、将来選手として成功するかはわからないけれど、もし仮にそれがだめでも、指導者やトレーナーなど選択肢は広がりますよね。

年上の人たち(2,3歳差)とプレーをしているためか、体格には若干の差があります。年間の学費は900万円弱(テニスアカデミー)と言われています。

 

IMGアカデミーのアマの施設とは思えない設備↓

 

上原一真が通っているIMGアカデミーには、超大物目メジャーリーガーの息子も通っています!

スポンサーリンク

上原一真の現在と将来性は?友達も凄い!

「驚異的すぎるカーブだ!」上原浩治の”息子”の魔球にボストンメディアも熱視線!!と、ボストン・レッドソックスは上原一真の投球をすでに注目しています。

 

上原一真の驚異的なカーブ・・その動画↓

この曲がり方は、ハッキリ言って尋常では有りません!正直なところ、リリースポイントの時に肘の角度が気になりますので、怪我だけには気をつけてほしいものです。

日本なら恐らく投げさせないかも知れませんね!

このことについては、いつも賛否両論でますが・・きちんと科学に基づいたトレーニングしていますし闇雲に投げているわけではないようです。

 

上原一真ですが、元々は野球ではなくアイスホッケーに熱を上げていたようですが、あることをキッカケにメジャーリーガーを志すことになりました!

 

上原一真の決断!↓

上原一真は、元々はアイスホッケーをしていたのですが、本気でメジャーリーガーを目指すために野球に専念することを決意しました。

そのきっかけとなった出来事は・・・上原浩治の引退です。

「真剣に野球をやりたい」と伝えました。2019年に入って上原浩治さんは初めて息子に野球の指導を行います。

 

IMGアカデミーに行く前には(2年前)息子を指導していました↓

「資格がなくても教えれます!」これ上原浩治の日本野球界への大いなる皮肉ですよね(笑)

上原一真がIMGアカデミーという全寮制の学校に進学するので、その前に父として一人の野球人として出来る限りのことをやろうと思ったそうです。

 

その結果、IMGアカデミーにはいってすぐにこのピッチングを魅せてくれました!

 

IMGアカデミーでは背番号が上原浩治の現役時代と同じ「19」↓

この辺が、アメリカっぽいですよね!日本のアマチュア野球では、こんな粋な事はできない!

・・・クレーマーの親が「なんであの子だけ・・・」ってなるんでしょうね(苦笑)

 

レッドソックスの英雄『オルティス』の息子:ディアンジェロも同じIMGアカデミーに通っており、一緒に昼食を食べることもあるそうです。

オルティスの息子も凄い選手のようですね!

今から「オルティスの息子vs上原浩治の息子」

対決が楽しみですね!

スポンサーリンク

記事のまとめ ~ここまでお読みいただき感謝!!m(_ _)m~

原一真wiki風プロフィール!上原浩治の息子の魔球と髪型がすでに大リーガー級?

と題して、上原一真について調べてみました。

これから紆余曲折有ると思いますが、日本ではなくメジャーリーガーて大活躍してほしいと思います!

そうなれば、二番煎じ体質の日本球界も徐々に変化してくるのではないかと・・・頑張れ!KAZU!

今回も、
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

ここまで読んでくれた・・あなたは、すばらしい!

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました