アレク&川崎希(元AKB)子供☓巨大ぬいぐるみ(ベイマックス)を活用し巧みな商売魂!

この記事は約8分で読めます。

アレクさんと川崎希さん(元AKB)夫妻は、amebloを中心にテレビでも活動されているようですけど、なんと!ブログでアレクさんは1日多いとき「7回」も投稿し、ほぼ毎日投稿されているようです。

 

そんなアレクさんと川崎希さんのブログで、お子さん巨大なぬいぐるみを全面にした画像が話題になっているようですね。大きなぬいぐるみは、ディズニーの人気キャラクターのベイマックス

 

画像では、アレクさんと川崎希さん夫妻のお子さんはミッキーマウスの洋服を着ていますので、ディズニーとの関係を築きたいのでしょうか?それとも・・・

 

アレクさんと川崎希さんと息子さんについて調べてみました。”じっくり”ご自身のお子様または子供たちの未来のことを考えながら読んでいただけたらと思います。

ザックリ読めますので、楽しんでくださいね^_^

 

アレクと川崎希(元AKB)と息子さんを1分でザックリ紹介!

 

それにしても、大きなぬいぐるみですね(^o^)
購入先は東京ディズニーショッピングサイトだと思われます(別の画像で梱包箱が”チラ見”できました)。

ベイマックス
価格10000円前後
全長:約140cm

巨大なぬいぐるみ「全長140センチ」って!下手したら、”小っちゃなおばあちゃん”くらいの大きさの巨大ぬいぐるみって、ぶっちゃけジャマじゃないですかね(苦笑)

 

ところで、
アレクさんと川崎希さんですが、若干アレクさんが年齢不詳ということでプロフ調べました。

アレク(愛称)
・本名:アレクサンダー
1982年12月3日生まれ
・出身地:ペルー
川崎希の旦那
元々はバンドマン・モデル
チャラ男・浮気者・川崎希のひも(という設定?キャラ?)
【The BIGJAWS】アレクサンダー Let's ROCK! PV

アレクさんのお顔を見て「生粋の日本人」とは思えなかったのですが、ペルー・トルヒーリョが出身とのことですね。

 

決して付き合ってはいけないオトコ=3B(美容師・バーテンダー・バンドマン)と言われていますが、アレクさんはバンドマン。そして、キャラ設定なのか”チャラ男・浮気者・ひも”のダメ男3冠王のようですが・・・・

 

川崎希さんは、アレクさんのキャラをうまく活用し「のんちゃんの駄目な男の愛し方」という本まで出版されています。商魂凄まじい!

 

川崎希(本名)
1987年8月23日生まれ
・愛称:アレクは”ノンちゃん”と呼ぶ
元AKB48の旧A元メンバー
・現在は「実業家・アパレルデザイナー・タレント
アレクの妻
赤ちゃんにも大好評!ほうれん草パンの作り方【アレク&のんちゃん】

川崎希さん(あの”佐々木希”さんと間違えてしまうのは、ワタシだけ・・・)ですが、まだお若く、お子さんもお二人もいらっしゃるのに、パワフルな活動には頭が下がりますm(_ _)m

 

アレクさん&川崎希さんお二人共に、テレビ・ネットと様々なメディアを駆使して、自分をアピールされています。その精神は、ローランドさんにも通じる(影響力を得るためなら何でもやる)、「売れるためなら何でもやる!」そんな精神を感じます。

 

・お子さんのお名前は:景寅(かげとら)くん
・出生年:2017年8月29日
(2020年10月25日には第二子の女の子を授かっています)
・名前の由来:『景』はおめでたい『寅』強さはあるけど優しい雰囲気もある漢字が素敵だと思って命名
・通称:“おちびーぬ”と家では呼ばれているようです
【アレク&のんちゃん&おちびーぬ】アンパンマンミュージアムに行くの巻き

子供ってこのくらいのときは、ず~~~と見ていても飽きないですよね~~~(遠くの目・・・・)

 

アレクさん&川崎希さんのyoutube動画では、お子さんの景寅(かげとら)くんを動画のメインに制作されているようです。

「お子さんに商品・おもちゃを遊ばせる動画配信といえば・・・」あの超有名ユーチューバーの名前が思い浮かびました!

アレクと川崎希(元AKB)「子供&巨大ぬいぐるみ」の使い方講座(商売編)!

アレクさん&川崎希さんの子供(景寅くん)と巨大ぬいぐるみを使うやり方が、実はかなり考えられているなと。テレビでは、「子供と動物」は鉄板コンテンツと言われています。更にネットでは「インパクトを与えるもの」を上手に使うことが求められているようです。

 

今回のアレクさんと川崎希さんは、「大きなぬいぐるみ」でインパクトをもたせ、プラスαとしてご自身の子供を横に”ちょこん”と何気なく遊ばせています。ぬいぐるみは動物も想起させますので、アレクさんと川崎希さんの演出方法は、非常にお上手だと思いました。

 

お子さんとインパクトある巨大なぬいぐるみを登場させている
アレクさんと川崎希さんは、テレビの鉄板ネタの「子供」とネットの鉄板の技「インパクト=巨大なぬいぐるみ」を巧みに融合させていますね。

アレクと川崎希(元AKB)「子供&巨大ぬいぐるみ」からミライ予想

アレクさん&川崎希さんは、発言・言動からネットではしばしば「炎上」しているようですね。そして、批判も多いようです。そのためか川崎希さんのTwitterでは・・・・

ツイートは非公開です
@nozomonsterさんから承認された場合のみツイートを表示できます。承認をリクエストするには [フォローする] をクリックします。詳細はこちら

このようにしてプロテクトされています。アレクさんもTwitterのアカウントは持っているようですが、最近はあまりツイートされていないようですね。

「批判」といえば、サッカーの三浦知良さんをはじめ、超有名になられた方は異口同音でこう言います。

有名になればなるほど”批判”は多くなるものと考え、彼らは「批判」を肥やし”やご自身の反省材料として受け止めているようです。

「批判を恐れている」うちは、ひょっとしたら

  • 自分のやり方に心からの自信がない状態
  • 自分がやっていることに「後ろめたさ」がある状態

なのではないかと、最近感じています。

 

悪意ある批判をする人は、”人畜無害”と言われるような純粋な人格者(浅田真央ちゃん・大谷翔平くん・羽生結弦くんなど)にも容赦なく絡んでいきます。かと言って、

 

「批判」=「悪い」⇒「悪(あく)」

 

このような短絡的な思考は、個人的にはあまり感心できない思考ではないかと思います。「正しい批判・信頼できる人の批判」は、むしろ「自分の成長につながる絶好のアドバイス」ではないかと思います。

 

もちろん、容姿や尊厳を傷つけるような内容は絶対に許してはいけないと思います。そのような内容は、そもそも「批判」ではなく「犯罪」に近いとさえ思います。

 

 

話を戻します。アレクさんと川崎希さんは、ご自身の商売も精力的に行っているようです。今後は、お子さんを主役にしたアレクさんまたは川崎希または景寅くんのブランド強化に力を入れていくのではないかと感じています。

 

そのことは、特にアレクさんのブログや、アレクさんと川崎希さんお二人のyoutubeチャンネルを見ると、最近、お子さんが頻繁に出演されていることからも想像できます。アレクさんと川崎希さんは、息子さんである景寅(かげとら)くんを

 

世界で最も稼ぐユーチューバー(9歳で年収約30億5000万円ライアンくんを目指しているように感じます。
(小ネタですが、ライアンくんも景寅君同様に「妹さん」がいらっしゃいます。みごとにシンクロしてますね!)

ライアンくん

画像:Ryan’s Worldさまより

若干ターゲット人物が大きいように思われますが、「何が当たるかわからない時代」「矢は打たなければ当たらない」といいますからね。

ライアン君wiki風プロフ【ユーチューバー】9歳で30億稼ぐ少年!お金の使い道は?
ライアン君!フォーブス誌の2020ユーチューバーランキングで首位をキープ!!と報じられた、ライアン君(本名:ライアン・カジ)とは、アメリカの9歳の少年です。フォーブス誌を読みすすめると「9歳で30億稼ぐユーチューバー」として取り上げらた驚愕の少年です!お顔が明らかに欧米系ではないので調べてみたら、父親が日本人で母親はベトナム系アメリカ人ということでした。妹さんもいらっしゃるようです。

 

アレクサンダー 川崎希 子ども 名前 景寅 おちびーぬ ブログ    アレクサンダーオフィシャルブログから)

実際にアレクさんと川崎希さんもご自身のブログで「おちびーぬ(景寅くん)を世界的スターにと」と言っています。コツコツと積み上げて行くことができれば、そして景寅くんがアレクさんと川崎希さんの意向を納得することができればですが・・・

まとめ

アレクさんと川崎希さん(元AKB)について、息子さん(景寅くん)と巨大ぬいぐるみ(ベイマックス)を絡めた形で考察してみました。

 

お二人の考えているところは、お二人にしかわかりません。息子さんを巻き込むことも、各々の家族が考えることです。でも、「子供」という無限のチカラを秘めている「1人の人間」を、大人の意思で子供のミライを左右してしまうのは、どうなのかな?とも思いましたが、「人生いろいろ・人それぞれ」そして、「家族のあり方もそれぞれ」そんな時代なのかもしれません。

 

そう言えば、モデルの益若つばささんもお子さんをyoutubeで初お披露目させたようですし(時代だなぁ~~~)・・・

益若つばさの息子の画像が話題!超有名イケメンダンサー&シンガー似?!

 

あなたはすばらしい

 

今回も、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました