2020箱根駅伝学生選抜メンバーの選び方|本気で優勝目指して!

この記事は約9分で読めます。

箱根駅伝

2021年1月2(土)・3日(日)に、

「第97回箱根駅伝2020年度」が開催されます。

今回の

「第97回箱根駅伝2020年度」大会は、

 

 

 

  • 関東学生選抜連合(オープン参加):1チーム

 

20大学(1連合チーム)の、合計21チームが出場し、

 

  • 優勝」争い
  • 上位3位」争い
  • シード権」争い
  • 各区間の「区間賞

などの「熾烈な争い」が

関東学生選抜連合(オープン参加)を除いた20校で繰り広げられます。

 

もちろん、

関東学生選抜連合チームにも「シード権」を除き

優勝」「上位3位」「区間賞

狙うことはできますが

規約上、関東学生連合チームは「オープン参加」になり、チーム・個人とも、どんなに頑張って良いタイムを出しても、良い順位になっても、参考記録となります。

ちなみに、第93回大会では「東京国際大学の10区の照井選手」が区間賞を取りましたが、参考記録となっています。

少し辛辣かもしれませんが、

「箱根駅伝に出られなかったチームの好成績を出した選手の”思い出つくり”」

のような選抜方法・チームになります。

 

いろいろ、どっちみち、順位がつかない・記録も参考記録など”中途半端感”の否めない、関東学生選抜連合(オープン参加)という枠組みなら、

優勝」「上位3位」「区間賞

を狙える選抜方法にしたら、

 

 

もっと箱根駅伝が盛り上がるのではないか?

 

と思い、

「2020箱根駅伝学生選抜メンバーの選び方|本気で優勝目指して!」と題して、詳細にメンバーを調べました。

もちろん、
選抜チームの選手には頑張ってほしいことは言うまでもないことですが、

箱根駅伝学生選抜メンバーの選び方を見ると、選抜に選ばれた彼らの心境も少し微妙な気がしますが・・・・

(微妙に思えない選手は、確実に「伸びない」選手だと断言できます。選手の中から声が上がることを期待しています。)

箱根駅伝学生選抜メンバーの選び方(選考方法)

参加資格ならびに登録選手の規定などは年ごとに変更されています。

 

  1. 過去に箱根駅伝本線に出場していない
  2. 1.を除く「箱根駅伝出場のための予選会の個人成績上位16選手」
  3. 1校から1名が選出
  4. 箱根駅伝で実際に走るのは、往路5名・復路5名の計10選手
  5. 外国人留学生は除外

つまり、

箱根駅伝へ出場するための予選会で、個人でどんなに良い記録を出しても、

2018年の第95回箱根駅伝大会から、

過去に箱根駅伝本戦に出場していない選手のみ

で選抜・構成されます。

 

 

つまり、

過去に箱根駅伝に出場した選手は出場できません!
これが、
箱根駅伝学生選抜メンバーの選び方によって、
今ひとつ盛り上がりに欠ける要因だと思います。
もっというと、

4.外国人留学生は除外
も、多様性が叫ばれる現社会の状況を鑑みると、個人的には違和感を感ざるを得ません。

 

邪心に聞こえるかもしれませんが、

  • 有力大学に配慮しすぎ?
  • 優勝または上位に「関東選抜」または「外国人選手」が入るのは好ましくない?

そんな、「排他的」な匂いがワタシには感じざるを得ません。

箱根駅伝学生選抜メンバーの選び方【ワタシの提案】

1~5の規則を緩和することで、さらに「競争心」が沸き起こり、日本選手をより強く、箱根駅伝自体もさらに多様性ある大会に昇華していくのではないかと思っています。

箱根駅伝シード校は・・・

箱根駅伝学生選抜メンバーと99位以内全メンバー

 

ところで、第97回箱根駅伝 予選会では、

下記の表の選手たちが、

箱根駅伝本線に出場できない大学の中の(予選落選組)、
上位99位の選手たち(日本人)です。

左に「v」がついている選手が、箱根駅伝学生選抜メンバーの主な選手になります。

上位1位、2位が出ません!!

しかも、出場選手は”上位10人中わずか3人のみ”・・・

(他に3名学生選抜メンバーに選抜されています。表の下参照)

v=選抜選手 順位 エントリーNO 名前 大学 予選会タイム
日本人2位 6 129 猿橋拓己 筑波大学 1:01:43
9 132 西研人 筑波大学 1:01:46
11 146 難波天 天麗澤大学 1:01:47
14 180 村上航大 上武大学 1:02:01
16 5 栗原啓吾 中央学院大学 1:02:03
23 149 椎野修 羅麗澤大学 1:02:19
28 169 岩崎大洋 上武大学 1:02:29
34 220 高槻芳照 東京農業大学 1:02:35
38 299 河村悠 亜細亜大学 1:02:39
47 223 並木寧音 東京農業大学 1:02:48
53 212 櫻井亮也 東京農業大学 1:02:51
55 369 杉浦慧 慶應義塾大学 1:02:53
57 137 岩佐一楽 筑波大学 1:02:57
59 167 町田康誠 駿河台大学 1:02:58
64 240 三ツ星翔 大東文化大学 1:03:02
66 134 杉山魁声 筑波大学 1:03:02
67 9 小島慎也 中央学院大学 1:03:03
69 141 植田陽平 麗澤大学 1:03:04
70 429 松川雅虎 芝浦工業大学 1:03:04
71 144 杉保滉太 麗澤大学 1:03:04
78 274 大川歩夢 東京経済大学 1:03:09
81 104 小坂友我 日本大学 1:03:10
83 301 竹井祐貴 亜細亜大学 1:03:11
84 242 片根洋平 大東文化大学 1:03:11
88 1 髙橋翔也 中央学院大学 1:03:12
89 355 厚浦大地 関東学院大学 1:03:12
90 315 中山凜斗 立教大学 1:03:13
92 410 新田颯 育英大学 1:03:17
93 164 清野太成 駿河台大学 1:03:18
97 6 吉田光汰 中央学院大学 1:03:21

その他選抜メンバー(順位は第97回箱根駅伝 予選会の順位)

100位 1:03:23 前山晃太郎(桜美林大4)東京実(東京)
120位 1:03:30 菊池駿介(大東大1)  仙台育英(宮城)
123位 1:03:33 梶山拓郎(流経大4)  流経大柏(千葉)

 

箱根駅伝で学生選抜メンバーで優勝を狙ってほしい!

残念なのは、現状のルールでは山行記録だとしても、本気で

優勝」「上位3位」「区間賞

を目指スすことができない残念な陣容です。

6位の猿橋 拓己 9位の西研人(いずれも筑波大学)は、昨年2020年度の第96回箱根駅伝に出場していたため出場できないことです。

彼らなら、注目選手の駒沢大学の2回生の田澤廉選手にも、引けをとらない選手です。

田澤廉wiki的プロフ!兄弟共に超大物【駒沢大】貴重映像!

(ちなみに第97回箱根駅伝 予選会では、1位から4位までが外国人選手で、1位は拓殖大学のJOSEPH Razini 選手。タイムは1:00:13でした)

ハームマラソンで

「1時間3分切ることができれば勝負できる!」

と言われていますので、

1時間1分台の「6位の猿橋拓己 9位の西研人」の出場が叶えば、

学生選抜としても本気で戦える陣容だったのではないかと、とても残念に思います。

「”猿橋ー西”の筑波大コンビニ加えて、難波ー村上ー栗原(出場できず)の1時間1分前後で走れる選手が「5人」いたら・・・・・

ちなみに、優勝候補一角の東海大学でさえも、1時間3分以内の選手は3名しかいませんので、「優勝争い」は難しくても、上位争いを面白くするには十分な陣容になります。

箱根駅伝で学生選抜メンバーの選考方法に「喝!」【まとめ】

今年も、箱根駅伝で学生選抜メンバーのタイムの上では

「襷をつなげることはできない確率が高い」

と思います。

2020箱根駅伝|襷とユニフォームの色一覧|襷を2本用意する理由は?

結局、箱根駅伝に出場できなかった大学の一部の選手の

「思いで作り」

という側面は正直否めないと思います。

この「選抜メンバーを箱根駅伝本線に出場させる」アイデア自体は、素晴らしい発想で、

例えば「甲子園」なんかでも採用されたら「盛り上がるだろうな~~~」と思います!!

 

どうせ出るなら、「オープン参加」という意味不明な名称は取り払い、勝負してほしい!と思います。

優勝」「上位3位」「区間賞」(相当)を狙える陣容で、

「本気で!勝ちに行く!覚悟と意気込み」で、

今後は、

予選会の”純粋に”日本人トップ16人を揃えて、加えて、「外国人枠」も是非検討してほしいものです。(あくまでも私見です)。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました