陸上競技選手

【中央大学】駅伝メンバーと注目選手

モットー:「100年目の挑戦〜新生藤原隊の逆襲〜」目指す第一目標はシード権獲得。さらに3位以内を目標としています。監督自身も就任5年目にして、自身がスカウトし指導してきた選手を揃えての初めての箱根駅伝になります。 勢いのある1年生が刺激になり、伸び悩んでいた上級生も刺激を受け、本来の力を出せるような環境になってきているようです。選手層が強化され、ようやく“戦えるチーム”になったと自信をのぞかせています。
陸上競技選手

箱根駅伝2021順位予想|タイム分析は学生選抜/駒大最有力!

第97回東京箱根間往復大学駅伝競走 開始:2021年1月2日土曜日 終了:1月3日日曜日で行われます。 大方の予想は、青山学院大学を筆頭に、東海大学・駒沢大学・明治大学の「4強」と言われているようです。しかし、冷静にタイムだけを比較してみると、関東学生選抜がかなり有力ではないかという数字がでています。
陸上競技選手

【順天堂大学】駅伝メンバーと注目選手

目標はさらに上の4位以上を目指すようです。実際には、予選会ですべての選手が好走し、「穴」がないチームになっています。長期休暇のときも、各々自主的に良い練習ができたようで、むしろこの自粛期間はプラスに働いているようです。さらに、一年生には三浦選手の他にも石井一希選手がいますので、嵌まれば目標の4位は愚か、3位以内も狙えるチームに仕上がっています。
陸上競技選手

【神奈川大学】駅伝メンバーと注目選手

今年の目標は「シード権獲得を目指す!!」どこにも負けない強みは「チームの結束力」と豪語!2020年の4月に完成したばかりの神奈川大学のトラックを作り今後さらにトラックも強化。1年生に優秀な選手が沢山いるようで、監督の注目は宇津野篤(選手)と高橋銀河(選手)です。今年は、チーム力でシード権を獲得し、来年以降が楽しみなチームです。
陸上競技選手

【創価大学】駅伝メンバーと注目選手

新監督就任後、チームの抜本的改革を行い、「練習やメンタル面」を中心に「食事やインナーケア」、「明確な目標設定を設定させ」チーム大改革を決行してきました。モットー:『地道に努力を積み上げていったら強くなれる』『意識次第で人はどこまでも成長できる』
陸上競技選手

【国士舘大学】駅伝メンバーと注目選手

チームでの力が拮抗していることから、箱根駅伝本線の選考基準は「箱根駅伝への情熱・どれだけつ用意思いを持っているのか?」ということです。正直、この選考基準では期待が持てないというのが率直な感想です。 ただ、雰囲気作りは評判があり、高校時代に無名な選手でも、驚異的に記録を伸ばす選手が多数いるという“育成する指導”が強みです。
陸上競技選手

【城西大学】駅伝メンバーと注目選手

チームスローガンは「一人の力をみんなの力に」1年生が7人エントリーされているフレッシュなチームです。10月17日の箱根駅伝予選会では3位に入り、2年ぶりの箱根駅伝の切符を手にしました。ハーフマラソン1時間1分台:2名 ハーフマラソン1時間2分台:2名 ハーフマラソン1時間3分台:6名 飛び抜けた選手もいませんが、穴もない感じですので、3分台の選手6人の走り次第で上位争いもありえます。
野球選手

新庄新潟アルビよりオファー|インスタの終戦宣言削除し野球復帰?

新庄剛志さんが、新潟アルビレックスより、オファーがありオファーを受けるのか?オファーを受けるのであれば、先日NPBのトライアウト終了後、インスタで「NPB挑戦の終戦宣言」を削除するかも!インスタでNPB挑戦断念しましたが、新庄さんは「中学生の時に親に買ってもらったグローブ」をプロに入っても使っているほどの「野球好き」です。新庄さん自身も「野球がなければ、今の自分はない!」と断言しているくらいですし、こちらの記事でも書いていますが・・・・・・
陸上競技選手

2020箱根駅伝学生選抜メンバーの選び方|本気で優勝目指して!

2021年1月2(土)・3日(日)に、「第97回箱根駅伝2020年度」が開催されます。今回の「第97回箱根駅伝2020年度」大会は、シード校:10校 予選会突破大学:10校 関東学生選抜連合:1チーム 20大学(1連合チーム)の、合計21チームが出場し、「優勝」争い「上位3位」争い「シード権」争い各区間の「区間賞」などの「争い」が行われます。
陸上競技選手

第97回箱根駅伝 予選会結果|2020.10.17動画あり

2021年1月2・3日に行われる箱根駅伝の本線出場をかけて、2020.10.17(土)に東京都立川市にある陸上自衛隊立川駐屯地内で開催されました。例年とは異なり、1周が約 2.6km、コースはフラットで、直角に近いカーブが4かの周回コースになりました。(例年は、“陸上自衛隊立川駐屯地内を周回してから、立川市街地を走り、上り下りのある国営昭和記念公園内を巡り同園内の広場付近までのコース”)
error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました