橋本陸斗はハーフなの?国籍や父と母の顔画像など気になる話題をチェック!

2021年2月28日久保建英選手(スペイン:ヘタフェ所属)を凌ぐかも知れない若干15歳の逸材がJリーグデビューしました。

橋本陸斗選手

東京ヴェルディ復活の逸材としてプレーが期待されていますが、ハーフの端正なルックスから女性人気も期待できそうな面構えをしています・・

 

  • 橋本陸斗最年少Jリーガーのプロフィールとは?
  • 橋本陸斗はハーフなの?国籍や父と母とは?
  • 橋本陸斗のサッカーテクニックを動画でチェック!

↑のことを中心に調べました橋本陸斗選手ですが、一般的な知名度はまだ「0」と言ってもいいくらいwikiでおなじみのWikipedia泣かせの選手です。

国籍は「父の国のパワー」と「母の国のパワー」を「ハーフ・ハーフ」受け取り日本に留まらず、国際的な世界を代表する選手に成長することは出来るのか?

最後まで楽しんでお読みくださいませm(_ _)m

スポンサーリンク

橋本陸斗の実績がヤバい!最年少Jリーガーのプロフィールをチェック!

橋本陸斗選手2021年2月26日にトップリーグJリーグに登録されてから、2日後の2021年2月28日にMF(ミッドフィルダー)として79分に出場しました。

 

橋本陸斗選手の快挙は各メディアで大きく取り上げられました↓

15歳10ヶ月26日でのデビューは、久保建英(15歳5ヶ月1日、現ヘタフェ)と森本貴幸(15歳10ヶ月6日、現スポルティボ・ルケーニョ)に次ぐリーグ史上3番目の若さ。J2に限って言えば、菊池大介(現栃木SC)が湘南ベルマーレで打ち立てた16歳2ヶ月25日という記録を抜いての最年少デビューになった。

引用:yahoo

 

橋本陸斗選手の面構えが「東南アジア系のハーフ?」と一瞬でわかったのですが、父の国籍がバングラディッシュ人母の国籍が日本の2国のハーフです。国籍は日本人です!

 

橋本陸斗選手のプロフィール↓

  • 名前:橋本陸斗(はしもと りくと)
  • 出身地:東京都
  • 国籍:日本
  • 生年月日:2005年4月2日
  • 年齢:15歳
  • 身長:168cm
  • 体重:69kg

橋本陸斗選手の身長・体重を見ると「小柄」という印象を受けますが、あのアルゼンチン代表の同じポジションのメッシ選手も身長170センチ体重70kgということで「小さい=小柄」ということはサッカー界では気にしなくて良いようです!

 

神様リオネル・メッシ選手(国籍:アルゼンチン)とは↓

全サッカー少年のあこがれの選手です。メッシ選手(国籍:アルゼンチン)を目指して橋本陸斗選手はどこまで食らいついていくことが出来るのでしょうか?

ちなみに久保建英選手も 身長は173cm、体重は67kgということです。

 

橋本陸斗選手サッカー情報↓

  • ポジション:DF(サイドバック)・ミッドフィールダー
  • 利き足:左利き
  • ジュニア時代からヴェルディに在籍
  • ジュニアユース時代に飛び級でユースに登録
  • すでに「年代別日本代表」としても選ばれています

橋本陸斗選手は、小学校3年生まで地元の東村山市のサッカークラブ「FC.Waragoma」に所属していました。

小学校4年から東京ヴェルディジュニアに入団し、その後、東京ヴェルディJrユースに順調に昇格しています。

橋本陸斗選手は中学3年生になると飛び級でユースに昇格しました。

 

サッカーの日本代表カテゴリー↓

  • SAMURAI BLUE
  • U-24
  • U-22
  • U-20
  • U-18
  • U-17
  • U-16
  • U-15⇒橋本陸斗選手は14歳でこのカテゴリーに選出されました
  • 「ユース」とは一般的に、高校生世代から20歳(U-15~20)までの世代
  • 中学生世代を「ジュニアユースチーム」
  • 小学生世代を「ジュニアチーム」

ジュニアユース時代での飛び級でユースに登録は、今までは非常に珍しいことだったようです。理由は「体力的に高校生と中学生は違いすぎる」というとこからだったらしいです。

 

橋本陸斗選手のJ2デビューの模様です↓

橋本陸斗選手の東京ベルディの先輩には、和製ロナウドと言われた同じく15歳でJリーグデビューした森本貴幸選手がいます。

 

東京ヴェルディでは和製ロナウドと言われた森本貴幸選手以来の快挙です↓

東京ベルディの先輩の森本貴幸選手も今も現役でプレイしています(現スポルティボ・ルケーニョ パラグアイ一部)!彼もハーフ?と思わせる風貌でしたが国籍は日本でした。

 

橋本陸斗選手は、東京ベルディの救世主だけでなく、いろんな扉を開けてくれそうな予感のする選手です!

スポンサーリンク

橋本陸斗はハーフなの?国籍や父と母の顔画像など気になる話題をチェック!

橋本陸斗選手は「いじられキャラ」でも有るようで、15歳にして早くもチームに馴染んでいるようです。

 

橋本陸斗選手は父バングラデシュ人・母が日本人の間に生まれた「ハーフ」ということをこの様に自分の言葉で表現しています。

 

橋本陸斗選手はこう言っています↓

「父親がバングラデシュ出身で母親が日本人で僕自身はハーフ。身体能力とかスピードという部分は自分の練習を通じて授かったものではない部分もあります。

永井さんからも練習から相手に当たられないようにしっかりとボールを止めるように言われているので、そこを意識しています」

引用:Twitter社

橋本陸斗選手の第一印象ですが「とても謙虚な選手」という印象を持ちました。ひょっとしたらバングラディッシュ国籍の父の影響を強く受けているのではないでしょうか?

 

バングラディッシュ国籍の人の特徴↓

 バングラデシュ人は農耕民族の歴史からか、穏やかで優しい性格の人が多いので、謙虚で静か目な日本人にも比較的相性は合うと思います。

引用:せかいじゅうライフ

まだ15歳とは思えない受け答えとシッカリした考えを持っている謙虚な選手です。

 

橋本陸斗選手の父親の国籍バングラデシュ↓

東京からバングラデシュは西西南に約3500km、今政情不安で大変なことになっているミャンマーに接している国です。

 

ちなみに逆にバングラディッシュでプロサッカー選手を目指している国籍が日本の選手もいます↓

サッカーだけでなくスポーツは国籍・国境という捉え方はひょっとしたら「前時代的」な捉え方になっているのかも知れません!

 

そんな橋本陸斗選手の15歳とは思えないテクニックがすごすぎます!

スポンサーリンク

橋本陸斗のサッカーの実力もヤバい!動画でテクニックをチェック!

橋本陸斗選手の試合後のインタビューです。今回はポジション:MF(右サイドハーフ)での出場でした。随所に見せ場を作りましたので、確実に「傷跡」は残せた試合だったと言えるでしょうね!

 

橋本陸斗さんはドリブルやスピードを武器にしています。ドリブル突破や一瞬のスピードある動き、パンチの効いた鋭いシュートなどが持ち味ということです。

独特の間合いが生み出す懐の深いドリブルが特徴で、相手を置き去りにするフェイントを生かしたスピードも持ち合わせています。

 

橋本陸斗選手は和製メッシと言われています↓

橋本陸斗選手は、プリンスリーグ関東ではU15のメンバーの中に飛び級で参加しています。高校年代の年上の選手たちを相手に実践経験を積んでいます。

 

プリンスリーグとは↓

高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ関東(たかまどのみやはい ジェイエフエイ アンダーエイティーン プリンスリーグかんとう)は、全国に9つある高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグの一つである。茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県の関東地方1都7県の2種(高校生・ユース)チームが参加するサッカーリーグ戦である

 

2020年9月12日に行われた昌平戦では「3-1」で勝利しました。1-0でリードしていた64分から投入され、キレのあるドリブル・フェイントで相手を翻弄し70分過ぎには自ら仕掛けて、ゴール前でファウルを獲得して勝利に貢献しました。

 

橋本陸斗選手の飛び級でのスーパープレー↓

さらに橋本陸斗選手は、U-16日本代表にも継続的に選ばれ“2020 SBSカップドリームユースサッカー”に参加しています。

 

橋本陸斗選手の2020年年末の試合です↓

背番号13の選手が橋本陸斗選手です。橋本陸斗選手は中学2年生で高校生と一緒にプレイしています。56分50秒くらいに得点しました。

 

2020年年末に招集されたU15のメンバーとして飛び級で参加したのは橋本陸斗選手入れて5名います。

  • DF 池田春汰 2005.04.03 横浜F・マリノスジュニアユース
  • MF 橋本陸斗 2005.04.02 東京ヴェルディジュニアユース
  • MF 田中侍賢 2005.04.28 清水エスパルスジュニアユース
  • MF 後藤啓介 2005.06.03 ジュビロ磐田U15
  • FW 高山駿斗 2005.07.02 ヴィッセル神戸U15

この選手たちと切磋琢磨して日本をワールドカップ優勝に導いてほしいものですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

橋本陸斗はハーフなの?国籍や父と母の顔画像など気になる話題をチェック!

と題して次世代の日本を背負うかも知れない、橋本陸斗選手を調べてきました。

まだまだ、情報は少なく橋本陸斗選手の活躍とともに、情報量は二次関数的な曲線を描き急増してくるものと思われます。

もう、橋本陸斗選手だけでなく「ハーフ」と呼ばれている人達に対しては「ハーフ」という表現を辞めなければいけない時代かな?と思った次第です!

今回も、
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m

ここまで読んでくれた・・あなたは、すばらしい!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました